スターダンサーズ・バレエ団公演

ソネット代表の高谷大一です。久しぶりに投稿します。

 3月30日池袋の東京芸術劇場にてスターダンサーズ・バレエ団の公演を観てきました。
演目はジュージ・バランシンの「ウエスタン・シンフォニー」とクルト・ヨースの「緑のテーブル」です。
「緑のテーブル」は40年前、私がスターダンサーズ・バレエ団にてプロダンサーとして初めて出演した作品なので、特に感慨深い作品です。心を弾ませて劇場に向かいました。

 東京芸術劇場プレイハウスはシックで落ち着いた雰囲気で、作品に集中して鑑賞出来る環境になっていました。

▪️1部「ウエスタン・シンフォニー」


 ハーシー・ケイの軽快な音楽にのせた明るく楽しい作品でした。
バランシンは特に群舞の構成が巧みな振付家として有名です。「セレナード」「コンチェルト・バロッコ」などが私の印象に残っています。
「ウエスタン・シンフォニー」はストーリーは特になく、4楽章に分かれた各パートにソリスト男女各1名と群舞数名で構成されています。
どの楽章もアイデアに溢れ、それぞれに見せ場がありました。ダンサーも明るく楽しそうに、またしっかりした技術で振付をこなしていて、良質なエンターテイメント作品に仕上がっていました。アメリカで上演する時はおそらく会場は大歓声で、大いに盛り上がった事だと思います。
 ソネット講師の高谷遼は4楽章のソリストとして出演しました。お芝居っ気たっぷりに踊り、作品の成功に貢献していました。
 バランシンはロシア出身の振付家ですが、おそらくこんな自由で明るく楽しい作品を創作したくてアメリカに来たんだろうな、と想像される作品でした。余談ですがミュージカル映画の名作「ウエスト・サイド・ストーリー」振付・脚本のジェローム・ロビンスは ABTに移籍する前はNYCBにいるバランシンの元で助手として勉強したそうです。バランシンがアメリカに来なければ、「ウエスト・サイド・ストーリー」は生まれなかったかもしれません。

▪️2部「緑のテーブル」


「ウエスタン・シンフォニー」と違ってとてもテーマ性の高い作品です。反戦がテーマです。
死神を中心にした様々な死をオムニバスで描いています。舞踊的にいうとロンド形式という手法を取っています。ロンド形式というのは、A:B A:C A:D A:E A:F・・・・とAを中心にB以降別シーンが展開して行きます。
 「緑のテーブル」の場合死神がAになります。以降様々なシーンのラストに死神が現れ各登場人物を死に導いて行きます。
戦争に参加した兵士であったり、婚約者を戦争に送り出した若い娘であったり、娘の旦那さんを戦争に送り出した老婆であったり、レジスタンスの娘であったり、また戦争で利益を得る商人であったり、全ての人が死神に導かれてしまいます。この事によって戦争の悲惨さ、バカバカしさを痛烈に表現しています。
 各シーンのラストに登場する死神が、時には観客の心の隙間を突くような、また時には感情を揺さぶるような、時には不思議な事ですが死に必然性を感じるような様々な手法で演出されています。
 特に印象に残るのがプロローグとエピローグの会議のシーンです。仮面を付けた10人の紳士ですが、それは政治家であったり、学者であったり、富豪であったりします。その会議の様子が軽妙なタンゴで滑稽に描かれています。この会議に参加する人たちの発言に意味は無いし、意味のある事は発言はしません。この滑稽な会議のシーンと死神にまつわるシーンの対比が圧倒的に反戦のメッセージを観客に送ります。やはり舞踊界の歴史に残る名作である事は間違いありません。
 高谷遼講師は戦争利得者にキャスティングされていました。技術的にも内容的に難しい役でしたが、役柄がよく伝わる好演でした。

余談パート2、前回のソネットの発表会にゲスト出演してくださった加地暢文さんが、私が40年前に踊ったポジションを踊っていました。ちょっと運命を感じました。


 今回の公演は3月31日で終わりますが、再演される機会があれば是非ご鑑賞をお勧めします。私ももう一度観たい作品です。

 最後の感想として、私はこのバレエ団で修行し在籍できた事を嬉しく思いました。


子供オペラ

昨日(10月15日)岡山市民文化ホールで、岡山市国際音楽祭子供オペラ「魔法使いの弟子」
が上演されました。


私は岡山市が主催する「ダンス・インキュベーション・フィールド・Okayama」という名前のダンスグループの芸術監督にグループ立ち上げ当時から就任しています。
そのメンバー達もこのオペラのバレエシーンに参加しました。
プロのソプラノ歌手、俳優2名、最大30名に及ぶオーケストラ、合唱40名、ダンサー9名という大編成でした。私はこの公演で振付と演出で参加しました。
演奏は全て生演奏で、大変な事も多いのですが、やはり私は振付や演出の仕事が好きなんだ!と感じた仕事でした。



コンクール審査員 パート2

今日二日目の審査員をやって来ました。

小学校の3年生から6年生のダンサーたちの審査です。
皆さんとても真剣に取り組んでいて、一生懸命な様子に若いエネルギーを感じました。

しかし、最近の子供たちはスタイルが良くなりましたね。
驚くほど手足が長く、顔も小さく、昭和30年代初頭に生まれた私の世代には考えられないプロポーションの子供たちが沢山いました。
 しかし、まだ小学生、自分の手足を自分で使いこなせていない印象を受けました。手足に軸が振り回されてコントロール出来ていないんですね。
やはり、お腹、背中の体幹のトレーニングは必要だと痛感します。
そこで指導者の問題があると思います。こういった時期にはあまり高度なテクニックは要求せず、基礎をキチンと習得させた方が将来的にその生徒さんの上達につながるのではないかと思いました。

 もう一つ、今日も小学校6年生で、すでにヴァリエーションだけは完成しいる、小さな大人のような踊りを披露した人が何人かいました。表情もテクニックもとても上手なのですが、私にはやや指導者が作り込み過ぎているように感じました。おそらくとても細かいご指導なさっているのだとおもいます。
それはそれで、コンクール的には高い得点を獲得できるので悪い事ではないと思いますが、あまり指導者が作り込み過ぎないで、ダンサー本人が役柄を理解した上で自然に出る表情が大切だと思います。
バレエの基礎トレーニングとは技術的な事だけでなく、表現者としての心のトレーニングも必要だと思います。

 長時間の審査は公平を期するため、ずっと気を張っていなければならないので大変ではあるのですが、参加者の皆さんからバレエが大好きという事がとても伝わって来て、バレエ業界に携わる人間としてはとても幸せな時間でした。


コンクール審査員


3月30日にバレエコンクールの審査員をやってきました。

私が審査したのは、中学生と高校生以上の皆さんでした。
このコンクールの審査員を務めて5年くらいになるのですが、毎年レベルが上がっているように思います。
若い人たちが一生懸命頑張っている姿を見る事はとても気持ちの良いものです。

しかし、少し懸念している事があります。
皆さんとても良く飛んで、回ってイキイキと動くのですが、クラシックバレエを踊る事と音楽に合わせて身体を動かす事は根本的に違います。
今求められている事は、ただ高くジャンプする、たくさん回転する事ではなくて、その質が大切だと思います。
正しいポジション、正しいフォーム、正しい着地、バレエは運動能力よりも正しく美しく踊る事が大切です。
もう一つ、演目の内容に合った表現の仕方が大切だと思います。同じピルエットでもオディールとオデットのピルエットは違うはずです。その辺りの解釈が難しいと思いました。
また、年齢に相応した演目を選ぶ事も大切だと感じました。
やり過ぎてもいけないし、足らなくては観客に伝わらない。身体能力と共に表現者としての感性が今のコンクールでは問われているんではないでしょうか。

審査員をやっていつも思う事なのですが、バレエはやはり奥が深いですね。
今日は7時間の審査でしたが、明日も5時間頑張って来ます。


先日2月28日と3月1日に文京シビックホールにてスターダンサーズ・バレエ団の「ジゼル」の公演がありました。


本番直前の緊張のひと時に、皆様有難うございます。

ジゼル役 西原友衣菜さん
アルブレヒト役 浅田良和さん
ヒラリオン役 大野大輔さん
皆さん、本番前の緊張のひと時に有難うございました。



前日の主役のお二人。

ジゼル 林ゆりえさん
アルブレヒト 吉瀬智弘さん
3月1日公演、2幕前客席にて。

 今回上演されたピーター・ライト版のジゼルは英国バーミンガム・ロイヤルバレエ団の作品で、古典のバレエ作品を現代にも通じる説得力のある人間ドラマが展開される革新的な作品として、各国のバレエ団で上演されています。

ジゼル役の西原さんは主役デビューでした。
新人らしく溌剌とした動きにとても好感が持てました。まず西原さんは音楽に対する動きの乗せ方が上手ですね。ただ単にリズム感が良いだけではなく、テンポが取れた上で、シチュエーションに合わせた音のずらし方を知っているように思えました。本人は意識しないで、感覚的にやっているのかも。
まあ、大手のバレエ団で主役を踊るようなダンサーにこの要素がなければプリマは務まりません。

もっと驚いたのはお芝居です。
新人が、それも限りなく10代に近い20代前半の彼女がどこまでお芝居出来るのか、少々不安でした。若い新人に主役デビューさせるには、ジゼルはかなりハードルが高い作品です。
1幕後半での芝居に失敗するとすべてが台無しになってしまします。
西原さん、見事でした。持って生まれた才能も確かにあるのでしょうが、スターダンサーズ・バレエ団はこの作品を永いキャリアでレパートリーとして上演していますから、その間の主役たちの演技を勉強していたんでしょうね。やはり歴史は重要です。

アルブレヒトの浅田さんやヒラリオンの大野さんはさすがの実力者、安心して楽しめました。

最後に感じた事。
やはり生の舞台は贅沢ですね。生でしか感じる事の出来ない感動があります。
2幕も素晴らしかったです。って言うか1幕は自身が出演しているので観ることはできないのですが。

4月29日にもテアトロ・ジーリオ・ショウワでジゼルの公演があります。
この公演は林ゆりえさん、吉瀬智弘さんで上演されます。
二人ともスターダンサーズ・バレエ団の押しも押されもせぬスターです。
きっと良い舞台になると思います。
お知らせに詳しい情報を載せますので、お時間のある方は是非どうぞ。